女性に支持されている美容施術|ボトックスで老化を徹底的にブロック

美容面としての利用法

ウーマン

プチ整形できる

ボトックスは注射を使って皮膚の下の筋肉にボツリヌス菌を注入していきます。神経伝達物質にアプローチして筋肉の抑制を緩ませるこうかがあります。もともとは医療目的で使われていて1970年のアメリカでは斜視の治療に使われていました。日本では1996年代に眼瞼痙攣の治療に使われ2000年代には顔面痙攣などにも使われるようになり、眼科や神経内科などの臨床薬として使われています。現在はシワの改善や小顔効果などの美容目的としても使われるようになりました。ボトックス注射では表情シワの改善やエラ改善・小顔効果などメスを入れないプチ整形方法として利用されています。表情シワの中でも一番目立つほうれい線へのアプローチは長さや深さに合わせてボトックスを注入し、効果は4〜6ヶ月ほど持続します。ほうれい線を改善させると老け顔を改善することができます。小顔効果を期待する場合にはボトックス注射をすると一回り小さくすることができます。エラは顎にある咬筋が発達してしまったことが原因です。注射をすると咬筋の発達を抑えることができ、萎縮効果があって小顔効果を発揮します。注射は続けると効果が持続しやすくなります。注射をし続けると咬筋の働きが弱まるため5回以上注射すると半永久的な効果を期待することができます。顔の部分痩せは難しく、美顔マッサージなどをしても効果が実感できなかった人にはおすすめです。また気になるエラでも手術は抵抗があるという人にはボトックス注射がおすすめです。施術時間は10分ほどで効果は徐々出るので、周囲も気づかないほど自然に小顔になっていきます。ボトックス注射は使う場所によって費用相場が異なります。眉間や額、目尻は1か所3〜6万円程度です。眉間や額は目尻よりも広い範囲にアプローチが必要なためクリニックによっては目尻よりも金額を高めに設定しているケースもあります。小顔効果を期待するためにボトックス注射でアプローチします。骨格ではなく筋肉の発達からエラが目立っているときには、注射をすると一回り顔を小さくすることができます。1回5〜10万円ほどからですが、年間保証などのサポートをつけると15万円以上になることもあります。少し高額ですが効果は長くて半年ほど続き、注射の回数を重ねるたびに持続効果が伸びてきます。ボトックス注射は切らないプチ整形として人気があります。手軽な整形方法というイメージがありますが、数万円かかるためまだまだ高額と捉えている人も多いです。安全でさらに試してみたいという人には、初回キャンペーンやモニターを利用してみることがおすすめです。初回キャンペーンは多くのクリニックで行っていますし、モニターになれば格安で施術をすることができます。追加注入キャンペーンを行っているクリニックもあります。お得に利用できるキャンペーンはクリニックによってあるので、カウンセリングのときにチェックしてみるのもおすすめです。クリニックの技術やボトックスの品質もチェック料金よりも大切なチェックすべきポイントです。料金はクリニックによって異なります。使う薬剤の種類の違いから価格が異なるケースが多いです。日本で厚生労働省にて承認されているボトックスビスタがおすすめです。実績と信頼性が高い薬剤です。

Back to Top