塗替えのタイミング

一戸建てと庭

塗装材を住宅に応じたものにすることによって住宅を長持ちさせることができます。
そのため、それぞれの特性を考慮して使用することがお勧めです。
アクリル樹脂塗料は耐久年数が5~8年とあります。
細かなひび割れが見られる場合には弾性アクリル塗料というものを使用することで効果を発揮します。
これは弾性タイプなので割れ目に塗ることでゴムのように伸縮することができます。
そのため、壁の伸び縮みに柔軟に対応することができます。
アクリル系の塗料は価格が安価なので一般人にとても利用しやすいものとなっております。
そのかわり、5年おきに塗り替えが必要になるため頻繁に外壁をチェックしておくことが必要になります。
10年程度の耐久性があるものはウレタン樹脂やシリコン樹脂系です。

外壁を塗り替えることによって住宅の外観を綺麗にすることはもちろん、内部に湿気などが入り込まないため寿命を延長する効果もあります。
その外壁塗装の際に気を付けることが近隣住宅への挨拶です。
一言塗り替え工事をするため臭いも気になりますので挨拶が重要です。
そうすることによってトラブルも未然に防ぐことができます。
サイディングの外壁を使用している人でも表面は塗装で覆われているため、定期的な塗り替えを行うことがお勧めです。
メンテナンスフリーと思っている人もいますが、金属系のサイディングでは放っておくと赤錆や白錆などが発生するため注意が必要です。
しかし、定期的に塗り替えなどのメンテナンスを行うことによって25~30年ほどサイディングを使用することができます。