塗装の特徴

家の模型と手

住宅の外壁部分に使用しているの塗料を外壁塗装といいます。
塗料にもアクリル樹脂系、フッ素樹脂系、シリコン系などいくつかの種類があります。
アクリル樹脂系は最もコストが安いですが、耐久性が弱いという欠点があります。
フッ素樹脂系は高いですがその分耐久性が強いので長持ちします。
外壁はその住宅の状態をあらわすものです。
しっかりと定期的にメンテナンスをすることで、住宅の美しさや機能性が保たれます。
メンテナンスを怠ると外壁が剥がれてきて、建物の構造自体が劣化していきます。
外壁のリフォーム工事はどんな家でも必要なことです。
住宅を長もちさせることもできるし、まったく違う色合いに変えることでイメージチェンジもできます。

住宅の外壁は常に雨や風、太陽光に晒されているので傷みやすい部分です。
外壁リフォームで大事なのがタイミングを見極めることです。
傷みが進んでしまってから慌ててリフォームをすると基本的に高くつきます。
傷みが進む前の段階を見極め、定期的にリフォームをすることでコストを抑えることができます。
外壁塗装も剥がれてしまってからよりも、剥がれる前の段階で処置をしておく必要があります。
外壁塗装の劣化を見極めるポイントとしてチョーキング現象があります。
外壁を指で触ってみて、指にチョークの粉のようなものがついたら塗装が劣化しているサインです。
この段階でリフォームをすると、遅くなってからリフォームをするよりもだいぶ安くできます。